カードローン申し込みでうそは厳禁

嘘ついちゃって報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、「有印私文書偽造罪」に相当します。
審査の段階で会社側が気づいたとしても、被害届を出すか否かというと、微妙なところですね。
あくまでも会社の自主性なのでわかりません。
それに、素人の嘘がプロに通用すること自体が考えられないです。
審査が早いのは電子化されているからで、けしてズサンではないですから。
それで運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。
判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうという大きなデメリットがあります。
近年、ローン会社のCMもよく見かけますが、それと連動するかのように、過払い金請求のCMもよく見かけるようになりました。
僕が使っていたカードローンは毎月一定額を返すリボ払いでもうじき返済も終わるので、法律事務所に依頼してまで請求するほどの金額とは思っていません。
でも、払い過ぎたものだと考えると、それがあるかないかだけでも知りたい気もします。
無料相談もあるようなので、気になる人は利用してみると良いでしょう。
改正された貸金業法に基づいて、金融機関が設定するカードローンの金利が改正前より引き下げられました。
法改正の前にお金を借りている方は、過払い金返還請求ができるかもしれません。
返還請求には時効があります。
つまり、可能性があれば、完済後、返済中を問わず可及的速やかに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、返還請求が一日でも早くできるようにした方がいいです。

みずほ銀行カードローン専業主婦OK?審査甘い?【女性専用口コミ】