確定申告の基本について

 今回は、確定申告の基本について、再確認するとよいでしょう。(笑顔)。毎年3月には確定申告の時期です。自営業の人にとっては長年やってきたことです。ですから慣れていると思います。

しかし、サラリーマンは関係ないと考えている人も多いようですね。(汗)場合によってはサラリーマンでも確定申告をしなければならない時があります。ですから、確定申告の基本について知っておくことですね。それは大切なことだと思います。<確定申告の目的について>それに基づき納税します。それによって納税額が決まります。

<一般的な用語の説明>

それから次に、所得とは、収入から必要経費、保険料などの控除されるものを差し引いた金額になります。この所得に対し税金がかけられます。収入が多くても所得が少なくなる人もいるようですね。(汗)。例えば扶養家族が多いと、それだけ扶養控除があります。ですから、所得は少なくなります。高額所得者からは税金を多く取ります。

そして、低額所得者からは少ない税金をとるようになります。そんな仕組みです。もちろん、その年に特別な減税処置などがあると、それも考慮します。<過去の確定申告の情報について>ですから、国税庁のホームページなどで最新の情報を入手してくださいね。そして、年末に一年間の再計算をします。この時に、多すぎた分が年末調整として戻ってきます。(笑顔)