フラット35金利と建築基準は?

フラット35は、ローンを借入る人が審査を受けるだけでなく、購入対象となる住宅が住宅金融支援機構の技術基準を満たしているかどうかを検証するために、適合証明検査期間の適合検査を受けることになります。
主な基準は、住宅部分の床面積(車庫やバルコニーは含みません)が戸建住宅の場合は70平方メートル以上、マンションなどの共同住宅の場合は30平方メートル以上、併用住宅の場合は住宅部分の床面積が2分の1以上必要になります。
更に2つ以上の住居室、炊事所、便所、風呂の設置などの規定もあります。
更に省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性可変性などの基準を満たすと、フラット35Sという金利引き下げ制度もあります。